格安葬儀社を探す時に必ず見るべきサイトです(日々更新)

格安葬儀

ほとんどの方が病院で亡くなりますが、病院から紹介される葬儀社が良い葬儀社とは限りません。
多くの場合、病院から紹介される葬儀社は一般の葬式業者に比べて費用が高くなります

 

なぜかというと、葬儀社から病院へ紹介料が支払われたり、
自社を紹介してもらいたいがために日頃から病院の事務長を接待する経費等がかかるためです。

 

病院からの紹介の葬儀社には、ご遺体の搬送だけを頼むこともできます。  
多くの人は葬儀社を、知り合いの紹介で決めることが多いですが、その知り合いの人を信頼できるかどうかが問題です。

 

また、大手で有名だから良い葬儀社とも限りません。
大手の場合、広告宣伝費が多大にかかっているため、葬儀費用に転嫁せざるをえないのです。

 

近年はインターネットの普及により、自分での葬儀社探しが格段と容易になりました。
ただ、気をつけたいのは、“ホームページが立派な葬儀社=信用できる優れた葬儀社”とは限らない点です。

 

イメージ先行で「親切そう」などと思い込まないことが重要です。
葬儀社の力量を知るには、社員の対応力を見るのが最も手早く確実です。

 

面倒でも必ず一度、直接電話をしてスタッフの応対レベルを見極めるようにしましょう
ただし、フリーダイヤルやメールアドレスの記載だけで所在地不明の場合、「仲介業者」や「紹介会社」であることが多いのです。
そこから別途どこかの葬儀社へ手配されたりするので、依頼可能なエリアの業者かを選別するためにも現住所の確認は必須です。

 

そして、1社だけで即決せずに、少なくとも2〜3社から事前に見積もりを取りましょう
料金や内容での不明点はどんなことでも質問し、こちらがわかるまで丁寧に納得のいく説明をし、
金額と併せて誠意や姿勢をも比較検討して葬儀契約するようにしましょう。

 

見積もりを取る際は参列者の人数も仮定し、どの葬儀社とも同じ条件の総額で検討することが重要です。
葬式プランを設けパック料金が明記されていることが多いのですが、この金額だけで「高い」「安い」を判断するのは危険です!

 

葬儀のパックプランでは各社ごとプランごとに料金に含まれているものが異なるのです。
実際には追加料金が次々と嵩み結果的に高額になるケースもあるので、必ず総額の見積もりを取って比べることが大切です。
なお、後のキャンセルが難しくなるため、「死亡診断書」と「遺影写真」は必ず最終決定した葬儀社へ渡すようにしてください。

 

当サイトではインターネットの口コミや独自調査により、格安で誠意ある安心の葬儀社をご紹介しています。(日々更新) 
対応エリアが東京・神奈川・千葉・埼玉の数社掲載していますが、できれば全てに無料電話相談して検討することをオススメします。
(関東エリア以外の方は葬儀社無料一括見積もりサイト【葬儀レビ】がオススメです。)

当サイトが自信を持ってオススメする安心安全な格安葬儀社はこちらです!

格安葬儀社オススメその@は【生協のお葬式】です!

 

 
 
家族葬プラン 会員価格 税別28万円〜

 

創業35年・葬儀実績10,000件を誇る株式会社セレモニーが運営する「生協のお葬式」は、
対応エリアが東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県の家族葬・一般葬儀・火葬式を扱っています。

 

家族葬とは「故人と家族のお別れの時間を大切にするお葬式」のことを言います。
一般のお葬式と大きく異なるのは、参列者についての考え方です。

 

友人知人には全く声をかけないで家族・親族だけで行うか、故人とごく親しかった人だけに来ていただく、という形式になります。
そのため、お葬式の規模は小さくなることが多いようです。

 

式の流れについては、基本的に一般のお葬式とは、大きくは変わりません。
仏式の場合ですと、お通夜とお葬式があり、僧侶の方がお経を読んで遺族や参列者が焼香という流れになります。

 

以下のような方が家族葬を利用されています

  • 費用をあまり掛けずに、こじんまりと格安葬儀をしたい方
  • 医療費の掛かる費用が多く、葬儀費用に掛けるお金まで準備ができない方
  • 故人と家族だけで、落ち着いた場所でお葬式はしたい方
  • 親戚もいないので、家族だけでお葬式をしたい方
  • 義理や付き合いのお葬式にはしたくない方

 

上記家族葬以外でも一般葬儀・火葬式などを扱っています。
お葬式のことならどんなことでも電話相談してみてください。

 

一人でも多くの方が、葬儀に対しての不安や心配をなくせるように、誠心誠意サポートしてくれます。
葬儀の不安や心配ごと、24時間365日、専門の相談員がフリーダイヤルで対応しています。

 

>>まずは下記公式サイトからフリーダイヤルに無料相談してみてください<<

(スマホからならフリーダイヤルをタップするだけで電話できます)

 

格安葬儀東京:名称 株式会社 セレモニー
代表者名 代表取締役 岡村 聡
所在地 東京都中野区東中野3丁目17番15号

当サイトが自信を持ってオススメする安心安全な格安葬儀社そのAはこちらです!

格安葬儀社オススメそのAは【おぼうさんどっとこむ】です!

 

 

顧客満足度が98%を誇るのが「おぼうさんどっとこむ」です。
代表の方が僧侶でもあるので、葬儀費用以外に僧侶への心づけなどの追加費用がかからないのが特徴です。

 

宗教法人ではなく、あえて株式会社にすることにより総額で領収書を発行してもらえます。
法人税を納める事をもって、透明性の高い僧侶派遣と葬儀施行を行っているのが安心ですね。

 

お葬式は行わず、火葬場で最期のお別れをされたい方は「火葬式165000円(会員)」という格安葬儀も扱っています。
その他、1日でお葬式を執り行いたい方の「一日葬」や、
2日間のうち1日は儀式に縛られず自由にお別れがしたい方のための「1.5日葬」など様々なプランが用意されています。

 

格安葬儀対応エリアは、東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県となっています。

 

>>まずは下記公式サイトからフリーダイヤルに無料相談してみてください<<

(スマホからならフリーダイヤルをタップするだけで電話できます)

 

格安葬儀東京:会社名 株式会社 おぼうさんどっとこむ
代表者名 林 数馬(法名:行摂)
住所 〒206-0801 東京都稲城市大丸1420-1 リベルテ205号

当サイトが自信を持ってオススメする安心安全な格安葬儀社そのBはこちらです!

格安葬儀社オススメそのAは【感謝葬儀 洗心堂】です!

 

 

 

生花いっぱいの心に残る葬儀が特徴の【感謝葬儀 洗心堂】です。
大切な家族とのお別れは、悲しみを感謝の心に変えて家族の思いをたくさんのお花に込めてみてはいかがですか?

 

生花事業を自社で全て行っているため、花いっぱいの葬儀が綺麗に格安でおこなえます
弊社専属フラワーマイスターによる豊富な知識と豊かな感性への自信があります。

 

家族葬、直葬などと大まかな区分けでなく、故人の生前の趣味や季節に応じてのオーダーメイド演出ができます。
本来、献花というと菊など一輪を手向けていましたが、花びらを手のひらに取り手向けることも可能です。

 

格安葬儀対応エリアは、埼玉県となっていますが、他県の方は相談をしてみてください。
予算に応じた見積りを提案してもらえますので、まずは電話無料相談がオススメです。

 

>>まずは下記公式サイトからフリーダイヤルに無料相談してみてください<<

(スマホからならフリーダイヤルをタップするだけで電話できます)
 
格安葬儀埼玉:名称 株式会社ボンシック
所在地 〒 350-1206 埼玉県日高市南平沢638-1
代表取締役 武野谷 諭史

もし生前に葬儀社を比較検討するなら葬儀社一括見積もりサイト(全国版)

 

もし生前に葬儀社を比較検討するなら葬儀社一括見積もりサイト【葬儀レビ】を利用してはいかがですか?

 

 

全国約400社の葬儀社の中から最大5社一括見積りが可能です。
身内の方が亡くなってからでは多くの葬儀社を比較検討する時間的猶予が無いものです。

 

もしもの時が迫っているのなら、その時が来る前に準備をしてみませんか?
たった1分のフォームへのカンタン入力で1回するだけで、400社の中から住まいの地域や条件に合わせて
最大10社の葬儀社に一括見積もりが可能です。

 

この葬儀社一括見積もりサイト「葬儀レビ」は完全無料で利用できますし
葬儀レビを通して葬儀をされた方には、最大2万円のキャッシュバックがあります。

 

対応エリアは全国ですので、地方にお住まいの方でも気軽にご利用できます。
>>まずは下記公式サイトから一括見積もり依頼してみてください<<

(スマホからならフリーダイヤルをタップするだけで電話できます)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

....

葬式東京へ問い合わせをすると、どこも口を揃えて「我社は宗旨・宗派問わず、家族葬から団体葬までどんな希望にも対応しています」と言っています。
でも、本当にそうなのでしょうか?

 

伝統的な手法を重んじる葬式 東京葬儀社もあれば、新しいことを取り入れていく葬儀社もあります。
参列者が数百人規模の団体葬が葬式 横浜得意な葬儀社もあれば、こぢんまりとした家族葬が得意な葬儀社もあります。

 

つまり、葬儀社にも個性があるわけです。
しかし、パンフレットやホームページを見ただけで葬儀社の個性はなかなか伝わってきません。
だから「葬式横浜葬儀社選びは難しい」のです。

 

葬儀社の個性を見抜く一番いい方法は、葬儀 埼玉数社の葬儀社に事前相談することです。
葬儀の事前相談をすることで費用の概算を把握でき、葬儀の内容を比較検討することができます。

 

相談する際は、葬儀埼玉の内容のチェックだけでなく、葬式埼玉スタッフの人柄もチェックしてみてください。
担当者は必ずしもベテランである必要はありません。

 

多少不器用でも、死に対する思いを厳粛に受け止め、真摯に対応してくれる葬儀千葉担当者であれば安心して任せられるケースもあります。
相談する方法はメールや電話でもかまいませんが、やはり一番ベストな方法は直接会って話をすることでしょう。

 

あまりオススメできない葬式千葉葬儀社はこんな葬儀社です。

 

  • 葬儀神奈川の相談をしているのに「すべてお任せください」と言うだけで細かい打ち合わせをしない葬儀社 
  • 見積書の提示をせず、追加費用等についても明示・説明しない葬儀社
  • ホームページやパンフレットに書いてある内容と極端に違う葬儀社
  • 打ち合わせ担当、葬儀施行担当、集金担当など1件の葬儀に対して担当者が変わってしまう葬儀社
  • 個人情報の管理について無頓着な葬儀社
  • 死に対して尊厳を持たず、死や葬儀に慣れしてしまっている葬儀社

 

1〜6の項目に該当する葬儀神奈川は、お客様の立場に立った考えを持っている葬儀社とは言えません。
事前相談の時、打ち合わせのとき、もし上記項目に該当するような話が出た場合には、その場でご縁がなかったものと思って話を打ち切ることも止むを得ないでしょう。

 

大切な方の葬儀の話をするわけですから、少しでも遺族や残された方の立場を考えている葬儀社と話を進めてください。
葬儀費用を考えるうえで、とりあえず気になるのが「平均値」。

 

葬式神奈川費用に「普通」なんてないとわかっていても、やっぱり他の人がどれくらい支払っているのか知りたいものです。
ひとつの目安として、数年に1回日本消費者協会で実施されている「葬儀についてのアンケート調査」による平均値を参考にするのも良いでしょう。

 

最近では平成17年12月にアンケート調査報告書がまとめられました。
前回の調査と比べてどのように変化したでしょうか。

 

●葬儀費用平均額の推移
平成15年度調査→平成17年度調査
葬儀一式費用
150.4万円→142.3万円
飲食接待費用
38.6万円→40.1万円
寺院費用
48.6万円→54.9万円
葬儀費用の合計 
236.6万円→231.1万円
*平均費用は項目ごと単独に算出しているため、(1)+(2)+(3)の費用の合計と、(4)の葬儀費用の合計は一致しません。
ここでまず注目したいのは、葬儀費用が下がっている点です。

 

平成15年度調査までの段階では、右肩上がりだった葬儀費用ですが、今回は前回比マイナス5.4万円。
一般の人にとってみればピンとこない数字かもしれませんが、葬儀業界内では年々葬儀費用の単価が下がっていると言われていただけに、「やっぱり」と頷く人も多かったはずです。

 

格安葬式費用が下がったのは次のような理由が考えられます。

 

・シンプルな祭壇が好まれるようになった
戦後大型化が進んだ祭壇文化でしたが、90年代に入って少し陰りがみえはじめました。
それまでの白木製ではなく、色とりどりの生花が飾られた祭壇が好まれはじめます。
また、「画一的、使いまわしの祭壇にお金をかけたくない」という意見も多く、祭壇はできるだけシンプルに……という考えの人が増えてきました。

 

・事前に格安葬式社を比較検討する人が増えた
葬儀の相談を事前にするのはタブーとされていた時代は過去の話。
今では何かしらの形で事前相談する人の割合が80%とも言われています。
その中の人すべてが葬儀の段取りや費用の詳細を決定しているわけではありませんが……。

 

今ではインターネットを利用して簡単に格安葬式社の情報を得ることができます。
引っ越し業者を決めるように、必要事項を入力して送信すれば、自動的に見積書が送られてくる葬儀社比較サイトもあるほどです。
事前に葬儀社を比較検討することで、費用の目安もつきますし、葬儀社の対応の良し悪しも見抜くことができます。
ちなみに、見積書の受取率は40.6%(平成15年)→65.5%(平成19年)と25%UP!
他の業界と比べるとまだまだ少ない数字ですが、葬儀業界では大幅に改善されたと言ってよいでしょう。

 

・参列者の人数が減って格安葬儀の規模が小さくなった
「葬儀は密葬で行いました。」そんな言葉をよく耳にしませんか?
家族と親戚、親しい友人・知人だけを集めた小ぢんまりとした葬儀を希望する人が増えています。
「派手にしたくない」「故人とゆっくりお別れがしたい」などがその理由。
亡くなる人の高齢化も背景にあります。